中古トラック購入〜費用〜

車を購入する際、本体価格の他に税金や保険・手続き等の諸経費が含まれる事はご存知かと思いますが、
中古トラックなど大きな車の場合はどうなのでしょうか?
基本は普通車と変わりありませんが、普通車と違う所は、車の重量ですよね。
ここまできたらもうお分かりかと思いますが、
車の重量によって重量税は変わってきますから、
購入する中古トラックの大きさによって、購入費用は変わってきます。
なので、購入する際にかかる費用は、
自動車取得税・自動車重量税・自動車税・消費税・
自賠責保険料・車庫証明取得費用・検査登録手続き代行費用・ナンバー変更代全ての総額です。
また、必要に応じては、陸送費・輸送費が発生する場合もあります。
こうして見ると、車両本体が安くて自分の想定内の金額だったとしても、
諸経費で結構費用はかさんでくるので、余裕を持った予算を算出した方がよさそうですね!
 
ちなみに先ほど出てきた自動車取得税に関しましては、
取得時にかかる消費税との二重課税が問題視されており、
消費税が10%に値上がりした時点で廃止される事が予定されています。

ですから2016年4月以降なら(予定通り来年の春に消費税が上がるとすれば)自動車取得税はかからなくなるでしょう。
それにしても、やはり中古トラックを購入するにはかなりの金額がかかります。
安さばかりを重視していると状態のいい車を見つけられませんし、
ネット上での購入だとトラブルも出てくる場合もあります。(希にですが詐欺など)
安心して失敗のないよう、納得のいく車選びができるといいですね!