売却に必要な書類とは

中古トラックを売却する際、面倒な手続き等は買取業者の方でしてくれるのがほとんどですが、
手続きに必要な種類は自分で用意しなければなりません。
所有している人の状況によっては必要な書類が多少変わってきますが、
こちらで紹介するのは売却時必要な基本的な書類を説明していきます。

 

売却に必要な書類は、
譲渡証明書・自賠償保険証明書・印鑑登録証明書・
自動車検査証・自動車納税証明書・場合によっては委任状も必要です。

 

こう見てみるだけで多くの書類が必要で、
ひとつひとつの書類がどのようなものなのかよくわからない方もいるでしょう。

 

 

まず譲渡証明書とは、
名義変更に必要なもので、新しい所有者に譲り渡しましたよ!と証明する書類です。
次に自賠償保険証明書ですが、
この保険は加入が義務付けられており、その保険の領収書と証明書になります。
大体車のダッシュボードに入っている事が多いです。
次に印鑑登録証明書ですが、
これはお住まいの役所に行けば発行してもらえます。
ただし、2ヶ月以内に発行されたものでなければ認められません。
次に自動車検査証ですが、俗に言う車検証です。
これも車のダッシュボードの中にあると思うので確認してみましょう。
次に自動車納税証明書ですが、
名前の通り自動車税の支払いをしましたよ!ということを証明する書類です。
必ず領収印のあるものを用意しましょう。
もしも紛失していて無い場合は、別途書類が必要になってきます。
最後に委任状ですが、
元々の持ち主と新しい持ち主が一緒に名義変更する場合はいらないのですが、

新しい持ち主だけで名義変更をする場合は元の持ち主の委任状が必要とされます。
解らない事や詳しい事を聞きたい場合は、
買取業者の方に聞けば教えてくれると思いますが、
売却に必要な書類は最低でもこの5〜6個必要だという事を覚えておくとよいでしょう。